その愛想笑いやめろ

サンピリ演出の元一のブログです。
適当に書いています。
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 劇団化学変化『カガク』 | main | 88曲 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
青☆春アンバサダー「かち割ってしまえよ」
※出演者の二人は、僕が演出した作品に出演したことのある身内。

僕は傑作をつくりたいと思って演出を始めたけど、
もう僕がつくってみたい傑作が目の前に出てきてしまった。
凄く悔しいけど、これほどないまでに良かった。傑作だった。

僕は当事者性を感じられる作品が好きだけど、この舞台に立っている演じ手はまさに当事者。
血が通っていて呼吸もしている人間であり、当人であり、当人たちの物語。
こんな化け物みたいな作品に世の中のあらゆるフィクションは無力だと感じる。

この作品がダンス作品として認められることは果たしてあるのかどうか疑問に思うけど、
他に並んでいる作品より圧倒的だったことは事実だと思う。少なくとも俺はそう思った。
彼らは多分、ダンスがやりたいんだ。
でも、この二人がやり切ったことはなんかこう、すべてというか。すべてを越えて、というか。

一人の男と一人の女を扱う作品は数あれど、やはりどうしても概念的なものや普遍的なものが付き纏って作品の主張も広がり切ってしまうように感じる。
愛というものは本来、それだけいくらでも演出や美学が入り込む余地があって、表現者は無意識に不用意にそれを持て余しがちだ。

だけど、この作品はそういった無駄な脚色を寄せ付けず頑なに拒否して、純度高く当人と当人同士の圧縮された「人生の一瞬」であり続けた。
それは彼ら二人が自分自身や相手を見つめ続けた成果であり、それを作品として昇華させたセンスのたまものだと思う。

作品にあまり触れたくはないけれど、構成と演出、身体はバツグンだった。
途中、ソロが始まるクダリはブレたなとは思ったけど、すぐ立て直した。
「俺が演出するなら・・」みたいなことのことごとく上をいったものだったと思う。
驚き、興奮したし、胸が詰まって嫌で嫌で大変だった。

さらに一番ぐっときたのは、終わり方。
なんとなく作品について話を聞いていたとき「どう終わらすのか」がずっと気になっていたけど、もうあの終わり方はもうぐうの音もでない。
やられた、と思ったし、そうなんだってなった。

最高だった。

ダンス作品としては、展開や演出に頼りすぎて説明過多のゲテモノにはなっただろうけど、
あれをコンテンポラリーダンスと言わずしてなんて言うのか。
現代的なセンスを兼ね備えていたからあれができたんだ。
俺たちに理解できる、というのも強い。
そんぐらい超コンテンポラリーだった。

半端な演劇的ダンスを評価する暇があるなら一生そうしてろと思う。これを押せ。
下手な舞踏や定石を踏襲した現代ダンスに人間は躍らない。
変態な身体を喜ぶ変態にしか需要のない作品は消えてほしい。
なんでもかんでも福岡に呼んでる暇があるなら、福岡の傑作をもっと押してほしい。

ただ、この作品はもう同じ鮮度ではできない一発限りのものだってことはわかってる。

だから尚更良かった。


いろいろと傷ついた結果にはなったのかもしれないけど、
この二人をサンピリに呼んで本当に良かったなって思った。
俺のオナニー作品が二人のセックス作品を生んだのだ。
生きてて良かった。

俺はこれを越える作品をつくらないといけない。まいっちゃうわ。



| - | 01:20 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 01:20 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
傷ついてもなんとか癒えるからですね。
ともかく生きててよかった。
| くう | 2014/02/10 12:04 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://onchi-onchi.jugem.jp/trackback/269
トラックバック