その愛想笑いやめろ

サンピリ演出の元一のブログです。
適当に書いています。
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 自己暗示 | main | 12級 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
だんしゃり
今日はふと思い立って部屋にあるいらないものを捨てられるだけ捨てた。
前から服の量が多いと少し気になっていたから。

こだわりがないからなのか、もったいないからなのか、とにかく捨てられないものだから、
それほど買い足していないはずなのに、単に伸びただけの何年か前のセーターとかが未だに生きている。

着すぎることで、逆に凄く愛着が湧いてしまうのがいけない。
長く着続ける中で「均等に着よう」という文化が生まれ、
全ての衣服がたいしたダメージもなく徐々に年をくってきている感じだ。
しかも、新たに入荷することもないので服の年齢も体に合わなくなってきている気がする。

なので断捨離だ。ごっそり捨てた。

というのは嘘だった。靴下とかパンツとか何故か50着ぐらいあったから半分以下に減らしたぐらいか。
本当に鈍いと思う。いる、いらないの選択を保留してしまう癖がある。
あってもなくても変わらないのなら、もってていいじゃんになっちゃう。
今後もこまめに捨てていこう。足りなくなったら購買意欲も出るんじゃなかろうか。

なんとなく溜めたビニール袋、紙袋、傷んだバッグ、半端な量使ったままにしてたシャンプー類、
使わないギター、フライパン、時計、よくわからないコード類、あまったチラシ、いらないCD、
用途のない領収書・・・
しかし、一人で捨てるのに苦労するぐらいのゴミの量になったとはいえ、やっぱり捨てられないものが多かった。
捨てられない気持ちに何回もなった。

やっぱ思い出の品は残してしまう。
今は不要で感傷に浸らずとも、
なんかあったときにそれを見てわくわくする自分がいるんじゃないかと思ってしまう。

甘いのかな。
でも、物欲がない分、そういうのは大事にしたいと思ってしまう。

あと、意外に名刺は結構捨てられないんだなって初めて知った。
もう絶対に会わない大学のサークル時代に会ったどっかの職員さんの名刺でも、
そのときの自分が一瞬で解凍されてしまったらもう宝物だ。同時に、年取ったなとも感じた。

今日は軽くギターを触っただけで、5曲ぐらいできた。楽しい。
久しぶりに録音機材をそろえてみようかな。
| - | 18:26 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 18:26 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
初めまして。不用品をもったいなくて捨てられない気持ちにとても共感します(^_^)/
それで、いきなりですが、不用品をバザー品として送れる場所をお伝えします。大阪にある、『豊能障害者労働センター』で、5つのリサイクルショップを運営して、バザー品はそこで売られています。売り上げ金は、主に障害者福祉に使われています。
 私も「ずっと長く使う」と信じて買ったものが、意外と使わなくなった、ということが、よくありました。以前はもったいないと思いながら、不用品を泣きたい気持ちで仕方なく捨てていましたが、今はここの労働センターに送れるので、とても嬉しいです(^^) それで、私と同じように、「使わないものを捨てられない」と悩んでいる人を助けたくて、多くの人に、この労働センターを教えているのです。
バザー品の送り先のHPはhttp://www.tumiki.jp/bazar.html です。ここでは、一般のリサイクルショップで引き取らない物や、他のバザー会場で売れ残った物も受け入れていて、それらはきちんと商品として販売されています。
また、ここの送り先を気に行って下さったら、知り合いの方にも伝えて頂けると嬉しいです。私は一人でも多くの「もったいなくて捨てられなくて困っている」方々を助けたいので(^^)
| せきぐち | 2014/03/23 10:15 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://onchi-onchi.jugem.jp/trackback/275
トラックバック