その愛想笑いやめろ

サンピリ演出の元一のブログです。
適当に書いています。
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
肩透かし析
透析になったら障害者1級になる。
だから何か自分の中で変わるのかなと思ってたけど、案外普通の点滴やる感覚だから特別思うところもなかった。
童貞捨てた的な、ドキドキしてザワザワしてた割にはそこに大して変化はなかった。ここんところ混乱してたのも退屈な集団生活によってもたらされたもので、病気は病気。なんてことはない。

最近長谷川豊さんのブログで話題になっていたけど、これで社会的には本当に穀潰しの肉片と化す訳だからそこに関してはなんとかしないとなとは思う。

でも、一体何処にそんな価値が?
金になんか執着できず困っている。
甘えてるんだろうけど、電気水道が止まって生活苦になったときも嫌なもんは嫌だった。

ただ、10代の頃は親の言いなりで20代でやりたい放題やって、30代からは何かと合わせられるところは合わせていくのも悪くはないんじゃないかという気にはなってる。

勝負したいなあ。なんか。
透析してない奴より楽しんで生きたいなぁ。

| - | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
うーんうーん
透析2日目は久しぶりにゴーストバスターズを観た。相変わらず面白い。
ただ、無駄な時間だったと思う。
これまでも無駄だった気がするしこれからも無駄な毎日が繰り返されるんだなと思う。なんで生きていてなんで生きようとしているのか。パッと死んでもいいんじゃないかなとゆっくり巡っていく僕の血液を見ながら思う。

鬱だとか性格だとか、そういう思考放棄の解決はいい加減どうでもいい。この感覚のときの、この無限の孤独に対する答えの実感が欲しい。

今日はそれから父と院内カフェ行ってホークスの試合見て、彼女と折り紙をした。またしても何にもなく終わる。

別に死にたいわけじゃないし、どちらかと言えば猛烈に生きていたいと思ってる方なんだろうけど、一体それは何故なのかがわからない。

「何故生きているのかを知る為」とは恩師の言葉で、結果的・客観的に見てそうやって俺が生きてきたんだとしても今その自覚なく呼吸をして血を循環させていることが腑に落ちない。

なんで生きているのか、よくわからない。俺は何処にいったらいいんだろう。
うーん、うーん…
| - | 20:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
バッドエンドはまっぴらさ!!
占いは信じる方だ。
西日本新聞朝刊の占いは外れたことがないし、心理テストも大好き。当たっていないのもこじ付けて解釈する癖がある。

言霊にことごとく弱いというか、誰かの無責任な説教や予言でさえ気が付けば足の下。言われた通りの展開になっていることが多い。性格的に流されやすかったり、逆に意識し過ぎて術中にハマっちゃいやすいというか、なんかいつまでも誰かの言葉を信じてる。

自分の言葉もそうだ。

今日は透析の初日。
特に緊張することや不安になったことはなかったけど、ボンヤリと昔つくった「変身」という作品を思い出していた。

売れない絵描きが恋したモデルが腎臓病で、好き合ったことでお互い孤独から抜け出せるんだけど、絵描きが調子乗って連れ回してハメを外したところヒロインが透析を始めちゃうって流れ。
最後、ヒロインが安心して自分の病気について全て打ち明けたとき、絵描きが思わず逃げ出しちゃうんだけどね。

過去のそういった自分のネガティヴな想像力に俺は打ち勝てるのだろうかとなんとなく思った。

機械なしでは生きられない人生のスタート。
| - | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP